1. トップページ
  2. ワークライフバランス推進

ワークライフバランス推進

Work

誰もがイキイキと働き、
やりがいと充実感を
感じられる職場をつくる。

Life

家族との時間、自分のための時間。
楽しさと生きがいにあふれる
生活を築く。

Work

誰もがイキイキと働き、やりがいと充実感を
感じられる職場をつくる。

Life

家族との時間、自分のための時間。
楽しさと生きがいにあふれる生活を築く。

ミライト・テクノロジーズでは、ワークライフバランスやダイバーシティの推進をグループの成長戦略における重要な要素として捉え、「Happy & Smile Project ~⼒ある組織に!」をテーマに職場環境・制度整備・企業風土の変革に取組み、事業の発展を目指します。
また、女性活躍推進法の施行に伴う行動計画の取組みも進めていきます。

女性社員がイキイキと
活躍ができる
ミライト・テクノロジーズ

男性社員がバリバリと
活躍ができる
ミライト・テクノロジーズ

すべての社員が
幸せになれる
ミライト・テクノロジーズ

【女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」の最高位を取得】

ミライト・テクノロジーズは、厚生労働大臣より女性の活躍に関する取組みの実施状況等が優良な企業として「えるぼし」の認定を取得しました。
「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」の全ての項目で認定基準を満たし、大阪府に本社を置く建設業としては、初めての最高位3段階目の認定を受けました。

【「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」最高位の「二つ星認証」を取得】

株式会社ミライト・テクノロジーズは、大阪市が「意欲のある女性が活躍し続けられる組織」、「仕事と生活の両立(ワークライフバランス)支援」、「男性の育児や家事、地域活動への参画支援」について積極的に推進する企業等を一定の基準に則り認証している「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」を制度面の整備に加え、実績が伴う事業所として認められ、最高位の「二つ星認証」を取得、さらに男性の育児参加等を支援する企業として「イクメン推進企業」にも認証されました。

未来塾(WLB)の取組み事例

2015年7月にワークライフバランス推進室を設置し、8月より社内でのワークライフバランスの浸透に向け、社内の女性社員を中心としたプロジェクトチーム『未来塾(WLB)』を発足。現在は男性社員やグループ会社もメンバーに加わり、ミライト・テクノロジーズグループのワークライフバランス推進活動を行っています。『未来塾(WLB)』では日頃のワークライフバランスの見つめ直しや自分に合った働き方を考えてもらうきっかけを提供するため活動しています。

01社内アンケート

クリック

3回目のアンケートでは認知・浸透度は上がりましたが、仕事と仕事以外(私生活)とのバランスに関してはまだ改善していません。今後は社員皆のワークライフバランスを目指して、改善活動を進めてまいります。

02社内キャラバン

クリック

直接現場の声を聞いたり、社員にアンケートをとることで職場ごとの課題を明確にし、見直していくことで、社員一人ひとりが「働きやすい」と感じる職場環境を目指しています。

03みらいフォーラム

クリック

各方面で活躍されている方々をお招きし、ご自身のご経験や取組み、心構えなどのお話を社員や幹部の方に向けてご講演いただきました。今後も、講演会名を「HSP ~みらいフォーラム」として、継続的に開催していきます。

HSP~みらいフォーラム ロゴ

テーマ「~Happy & Smile Project ~⼒ある組織に!」の頭文字を引用「P」文字上部のマークは未来に向けて進むことをイメージしています。

過去の開催

第1回西日本電信電話(株)の大賀公子監査役による講演会

開催日:2015年10月16日(金)

テーマ:明日を担うみなさんへ

大賀公子監査役
大賀監査役

女性社員を中心に62名が参加し、大賀監査役のご経験に触れながら、和やかな雰囲気の中での2時間となりました。「世の中の出来事」と「通信」、「女性の活躍推進」のそれぞれの歴史と、ご自身のワークライフバランスを重ね、ターニングポイントやその時の思いをお話いただきました。

仕事への取組み方や、仕事、家庭以外の場を持つことの大切さ、当社における女性活躍推進における課題と対応などを、ご自身の経験をもとにお伝えいただき、”明日を担うみなさんへ”というメッセージをくださいました。参加者のみなさんからも「元気を貰えました」などの声がありました。

参加者の声

第1回 HSPみらいフォーラム 会場風景
  • 失敗を恐れず何でもチャレンジすることの大切さが印象に残った。
  • 公表することの効果や大切さを改めて感じた。
  • 受け身にならず、積極的に動いていきたい。
  • 女性活躍について職場で考える機会を持ち、上司や同僚がダイバーシティの重要性をどれだけ考えているのかを知りたい。
  • 女性の意識改革、同僚・部下を大事にする取り組みをやりたい。

第2回森永製菓(株)​の宮井真千子取締役による講演会

開催日:2016年1月29日(金)

テーマ:自らのキャリアデザインを考える 〜ありたい自分に投資する〜

宮井真千子取締役
宮井取締役

ダイバーシティの起源にまでさかのぼり、世界の歴史について、また現在の日本における女性登用の状況についてお話をして下さいました。
また、宮井様ご自身も、入社当初はキャリア志向がなく、周囲の方からも3年勤めて寿退社するタイプだと思われていたそうです。それが、当時携わっていた商品開発の仕事を面白いと感じ、仕事をやめたくないと思うようになったことが、今のキャリアを歩むことになった経緯とのことです。

その他にも、プライベートや仕事に対する正直な思いについて、実体験に基づき包み隠すことなく語って下さり、女性社員にとっては自身の身に置き換えやすく、モチベーション向上に繋がるような、価値的なお話をして下さいました。

参加者の声

第2回 HSPみらいフォーラム 会場風景
  • 自分が10年、20年後どのようなスタンスで仕事をしたいかをじっくり考えるきっかけになった。自分ももっとできるのではないかという可能性を感じられた。
  • 非常にエレガントかつ前向きで、社内にこのような女性の先達の存在があると、後輩女性のモチベーションの何上にも大きな影響があると感じた。
  • 待っているだけでは何も変化しない。自ら積極的に行動しようと思いました。
  • 「自分で成長を振り返って確認をする」という言葉になるほど!と思いました。自分の将来のビジョンと今の状況のギャップに悩んでいましたがフォーラムに参加して前向きな気持ちになりました。
  • 仕事を通して自分自身がどうありたいのかを考え直してみたいと思いました。

第3回(株)プロアシストの生駒京子社長による講演会

開催日:2018年2月5日(月)

テーマ:働く事は活きる事 ~ダイバーシティ&インクルージョン~

生駒代表取締役社長
生駒代表取締役社長

大阪市北浜東に本社を構え、ハードウェア・制御システムなどを手掛けております株式会社プロアシスト代表取締役社長の生駒京子様をお迎えし、7拠点(総勢142名)にて、これから会社が成長し生き抜いていくには何が必要か、何が大切なのかダイバーシティについてお話しいただきました。

特に現在の社会情勢から性別・性格・学歴や人種・国籍などを問わず、多様な人材の就業機会を広げ、その能力を最大限発揮する為に経験や考え方を認め、個を活かしていくことが重要。更に100年、200年存続する企業へとなるためにグローバルな視点での働き方や、従業員やお客様に対する義務と責任を果たすためにも安心して「しごと」が出来る環境づくりの大切さについても講話を頂きました。参加者のみなさまからも解り易く、意識改革をしたいなどの声もありました。

参加者の声

第3回 HSPみらいフォーラム 会場風景
  • ダイバーシティ・コミュニケーションの重要性、職場づくりや家族の大切さの必要性を改めて感じた。
  • 内面からの意識改革に取り組みたい、そのために働きたいと思う風土・環境づくりにも取り組みたい
  • 短い時間ではあったがとても内容の濃い講話でした。今後意識しながら仕事に向き合えると思う。
  • 今後もこのような講演会(勉強会)やセミナー等を増やして、社員の教育に時間を注いでほしい。

ワークショップ

ワークショップ 会場風景

今回は公演の他に当社員(総勢55名)によるワークショップを開催しました。
『人生100年時代』における人生設計を考えると同様に『働き方改革』をテーマに、理想の会社とはどんな会社か、『働き方改革』は仕事だけでなく自分の生き方でもあるなど、多くの意見を出し合いました。

04社内インフォメーション

クリック

貴重な連休を充実してもらうためのポスター作りを行い、季節にちなんだ情報をクイズ形式など、WLBに繋がる ような趣向を凝らし目に留めてもらえる内容を配信しています。

WLB実現のため、また社員自身の働き方を考える切っ掛けとして、働き方改革とは何か?からスタートし、働き方改革に向けた課題、社内外の取組みやKAIZEN事例等を社内に情報発信しています。

05社員インタビュー

クリック

制度利用者の体験談をインタビューし社内の掲示版に掲載しています。WorkとLifeの両立を実感してもらうことで、自身のライフイベントに合わせた制度活用の推進に取り組んでいます。男性の育児休暇取得者のインタビュー記事は、男性社員の反響がありました。

06ハンドブック

クリック

各種制度についてまとめた「お役立ちハンドブック」を作成し、社員全員に配布しています。

社員の声

  • 制度ごとに申請方法、手当てなど、一覧になってまとめているため、調べる手間や申請し忘れが少なくなりました!
  • 手元でパッと見られるのでわかりやすい!

07WLB川柳

クリック

「ワークライフバランス」を身近なもの、自身のこととして捉えてもらうため、2017年8月にWLB「川柳」を社内公募し、ミライト・テクノロジーズ及びグループ会社の社員の方々から合計267作品の応募をいただきました。社内選考の結果、優秀作品を決定しましたので紹介いたします。

  • 最優秀賞 その仕事残業してまでする仕事?
  • 社長賞 いつもいる五時から男早よ帰れ
  • 優秀賞 今やろう仕事の優先順位付け
  • 優秀賞 いいかげんたまにはそれが好い加減
  • 入賞 広げようあなたのゆとりと家庭の時間
  • 入賞 週末のはなし花咲く良い職場
  • 入賞 時間外無くして増やす学びの場
  • 入賞 やりくりで時間と家族大切に
  • 入賞 朝一に今日のToDo整理する
  • 入賞 記念日はその日を祝う祝日に
  • 入賞 メリハリをきっちり付けてリフレッシュ
  • 入賞 良い職場休むと言えるその職場
  • 入賞 家族との距離が縮まるノー残業

大阪府の「男女いきいき・元気宣言」への登録

当社は大阪府の「男女いきいき・元気宣言」事業者として登録しています。

当社の取組み状況

  • 育児休業取得者の100%復職
  • 男性社員の育児休業取得(2012年・2016年)
  • 新入社員のメンター制度の導入(メンターは社内公募で選出)
  • 公正な評価に基づくメリハリのある処遇への反映によるモチベーションの向上
  • 社員がアスリートとして取り組むスポーツ活動を支援
    渡邉選手:第71回国民体育大会2016希望郷いわて国体(2016年10月開催)の走高跳競技において2位に入賞
    喜田選手:第84回兵庫陸上競技選手権大会(2016年7月開催)の三段跳競技において優勝し3連覇達成
  • ワークライフバランス推進室を中心としてワーキンググループを発足。
    WLB推進のためのHPリニューアルやワークライフバランス意識を向上させるためのポスター作成や掲示、社内制度の冊子作成や階層別研修の実施等ワークライフバランス推進のための施策を実行
男女いきいき元気宣言ロゴと登録証

大阪府の「男女いきいき・元気宣言」について

大阪府では、「女性の能力活用」や「仕事と家庭の両立支援」など、男性も女性もいきいきと働くことのできる取組みを進める意欲のある事業者のみなさんを、「男女いきいき・元気宣言」事業者として登録し、その取組みを応援しています。

「男女いきいき・元気宣言」事業者登録制度

大阪府が発行した女性活躍推進冊子「女活で会社は変わる」に当社の取組み事例が掲載されました。
この冊子では、女性が活躍し、成長している「男女いきいき・元気宣言」登録事業者20社の取組み事例が紹介されています。

TOP