ミライトテクノロジーズ 採用サイト

戸井 和博

仕事内容

長年蓄積してきた通信インフラ技術を核とした太陽光発電設備の建設や国内外製品のソーラーパネルの調達、EMS(*エネルギーマネジメントシステム)を活用した発電システムの構築と電力量の見える化、長期間運用におけるコンタクトセンタ(*CSSC)を軸としたオンサイト保守、耐用年数に応じたメンテナンス等、設備構築から運用・保守まで総合力でお客様の安定的効率的な発電設備の運用をサポートしています。

Chapter01/
官公庁から民間まで、様々な電設工事のノウハウを学んだ15年間

幼少の頃から父親が電気工事士として建設現場で働いている背中を見て育ち、いつか自分も父親のようなプロのエンジニアになり、そして現場の中でもチームリーダーとして形に残る電気設備を建設したいと思う一心で高校から大学まで電気工学を専攻してきました。
入社後、ネットワーク事業部電気工事グループに配属されてから5年間は、官公庁発注の工事を担当し、その後は民間工事に転じ電気設備や通信、土木などの様々な設備工事を手掛けてきました。
6年ほど前から太陽光発電所の建設工事を担当することが多くなり、太陽光発電所建設工事を中心とした現場の監理技術者として全体的な「安全・設計・施工」の管理業務を担当。
現在担当している現場は、東京ドーム3.5個分の敷地に16.8メガワット(発電パネル6万枚)規模の大規模な太陽光発電所を建設するもので、設計、施工、安全、品質、の全般を監理しています。

現場を「経営」する実感がモチベーションに

Chapter02/
現場を「経営」する実感がモチベーションに

官公庁工事から民間工事へ担当が変わった頃が私の転機となりました。官公庁工事と民間工事ではお客様に求められる内容が違うこともあり、手法が合わないことに戸惑いを覚えました。
しかし、お客様の要望に柔軟に対応しながら管理をしていくことを心がけて行く中で原価管理も任されるようになりました。それまでは現場を滞りなく納めることに腐心していましたが、全体を見渡すようになり、安全・品質に対する視点や考え方が変わりました。「原価管理」=「現場の経営」を任されていると感じモチベーションが上がります。

Chapter03/
新しいエネルギーづくりに貢献し、世の中の役に立ちたい

今後は太陽光発電所建設工事での経験を活かし、火力や水力、バイオマスを利用した発電事業などに関わり、エネルギーマネジメントシステムや蓄電システムを含めたエネルギーソリューションビジネスや新たな環境技術の創造分野に関わり、社会貢献の一役を担いたいと思っています。

ミライト・テクノロジーズの魅力

総合設備グループは違う現場を担当していてもお互いに助け合ってきたので、後輩に自分のノウハウを惜しみなく受け継ぐ土壌があります。最近は文系出身の後輩も増えていて、新しい事を覚える機会が多いと思いますが、何でも人に聞けるのは若い時だけなので、常に前向きな姿勢で自分からもっと踏み込んでいってほしいですね。そして、先輩を超えていく技術者に成長してほしいと思います。

先輩からのメッセージ

中谷 心吾

エンジニア(IPネットワーク系)

中谷 心吾Nakatani Shingo

佐々木 舞

エンジニア(モバイル系)

佐々木 舞Sasaki Mai

岩田 和真

セールスエンジニア

岩田 和真Iwata Kazuma

稲葉 雅也

エンジニア(土木系)

稲葉 雅也Inaba Masaya

田中 直貴

セールスエンジニア

田中 直貴Tanaka Naoki

戸井 和博

エンジニア(電気系)

戸井 和博Toi Kazuhiro

吉福 涼

エンジニア(モバイル系)

吉福 涼Yoshihuku Ryo

加藤 健太

エンジニア(通信インフラ系)

加藤 健太Kato Kenta

田間 恵

セールスエンジニア

田間 恵Tazama Megumi

村井 菜生

エンジニア(土木系)

村井 菜生Murai Nao

ミライト・テクノロジーズがまもる今、つくる未来

事業紹介

事業紹介Business Overview

50年以上にわたり培った技術とノウハウで、全国規模のインフラ構築から小規模なネットワークまで、あらゆる情報通信ネットワークを手がけ、日本の情報通信基盤を支えています。

キャリア支援体制

研修制度

研修制度Training System

ミライト・テクノロジーズでは念入りな研修制度を用意しています。
入社後は導入研修やOJTを通じて、社会人としての基礎を体得し、フォローアップを行いながら、資格取得支援など、ステップアップできる体制を整えています。

ワークライフバランスの推進